« 吉野山の桜 観桜日帰りツアーへ行ってきました(^。^) | メイン | 今年のゴールデンウィーク »

奥能登の調味料 いしり の取扱を始めました

優れた品質と技術で認定された『石川県ふるさと認証食品』です!

奥能登漁師の味 いしり(いしる) 500ml 525円

以前より、多くの方にご要望をいただいておりました
奥能登の味わいのひとつとして人気の高い調味料

魚醤であるいしり(いしる)を

伝統の造りで自社生産をしているカネイシさんのご好意で
取扱いをさせていただく事となりました

カネイシさんのいしりは

優れた品質、正確な表示、確かな技術と言う安心の証である

石川県ふるさと認証食品

としての認証を得ています

能登は発酵文化の地。
いしり(いしる)は能登を代表する発酵食品です。

※いしり:能登の地域により『いしる』『よしり』『よしる』など、と呼称が違いますが、内容はイカや魚の内臓と塩を漬け込み醗酵させたもので同じです

いしりとは、能登半島先端部である奥能登地方に古くから伝わる魚醤のことで、秋田のしょっつる、香川のいかなご醤油と並ぶ日本三大魚醤のうちのひとつです。また、海外ではタイのナンプラーなどもこれら魚醤の一種です。

能登のいしりには大きく分け、イカの内臓で作るイカいしりと鰯(いわし)の内臓から作られるイワシいしりがあります。

当店で取扱わせていただくカネイシさんの『いしり』は、『イカいしり』となります。

イカいしりですが、冬の寒い時期にイカの内臓を塩とよく混ぜ合わせ、タンクに漬込みます

そして漬込み後、何度か攪拌を繰り返し醗酵をさせた汁がいしりとなります。

カネイシさんのいしりは、この工程(醗酵・熟成)を最低ニ年以上行ってから瓶詰め出荷するため、イカの風味が充分に沁みこんだ芳醇な風味のいしりとなっています。

このいしり、鍋やチャーハンなどの隠し味としての調味料としてお料理のバリェーションを広げます。 

◆毎冬、能登町宇出津にある地酒蔵の数馬酒造さんへ行くのですが
その際に地元の飲食店さんで味わう『いしり鍋』は絶品です

イカの風味がたっぷりの『いしり』・・・癖になります(^。^)

是非1本お備えください

奥能登漁師の味 いしり(いしる) 500ml 525円

奥能登漁師の味 いしり(いしる) 500ml 525円

県内有数の漁港である『宇出津港』数馬酒造さんのすぐ近くにあります
県内有数の漁港である『宇出津港』

酒のこんちきたい

 

カレンダー

<< 2012年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンクコーナー

ブログのリンクコーナー

Powered by
Movable Type 3.34